めんどくせぇサイトBLOG

nginx_icon

Nginx

Web server

php_icon

PHP

programming language

MariaDB

SQL server

WordPress

Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム

オンプレミス ( サーバーやソフトウェアなどの情報システムを、使用者が管理している施設の構内に機器を設置して運用 ) でサーバーを構築して、WordPress サイトを運用するには、どのようにすれば良いのだろうか.

Web Server 構築

FreeBSD OS  サーバー ( Server ) をインストールし、wordpress などのCMS を使ったサイトを作るためのノウハウの健忘録です.
サーバーを構築するためのインストールやバージョンアップ時に発生するエラー等をネット検索して解決するのに時間を要することが面倒だと感じます.
無駄なエラーを回避しながら、さまざまなサーバーを構築することは、自分も含めて初めての方には難しいと思います.
ただ、エラーも考え方によっては、サーバーの仕組みや、どのように関連して動いているのか、理解が深まるのは確かです.
サーバーのハードウエアに OS から WordPress をインストールして公開するまでの行程は

      1. FreeBSD OS
      2. Nginx Web server
      3. PHP Hypertext Preprocessor
      4. MariaDB SQL server
      5. WordPress CMS
      6. Certbot SSL 証明
のようになると思います.
次に、各アプリケーションメモリー等を設定のチューニングしてます.

サーバー OS の最大勢力は、LINUX である.

LINUX を使ってみると、情報量は多いが、デストリビューションによって、異なることが多いので、情報検索に時間を要することが多かった.

FreeBSD は、単一で管理運営されていますので、OSの情報はバージョンによる変化だけだから数年前までは、目的の情報にたどり着くのが速いと感じたのが、FreeBSDでした.しかし、2021年の FreeBSD の欠点は、情報が減少しています.

        1. FreeBSD install
        2. ZFS Mirror
        3. ssh 管理
        4. command 習得

一部、目的のモジュールがデフォルトで入っていなかったので、Ports でインストールしました.
* Nginx fastcgi_cache_purge モジュール

フォーマット Free ZFS が採用されている Ubuntu Linux も研究中です.

nginx_icon

Nginx

Web server

WEB HTTP サーバーの王道は Apache ( アパッチ ) で間違いないと思います.
現在でもフロントエンドは Nginx に置き換わってきていますが、バックのサーバーには Apache が使われているようです.

オンプレミスでNginx ( エンジンX ) を使う理由は、たくさんのアクセスを処理できること、さまざまなチューアップでさらに高速化できる可能性があります.

問題点は、WordPress は Apache でサーバー構築を考えてあるので、機能を追求すると Nginx の設定は難しくなる傾向にあります.

        1. Nginx install
        2. nginx.conf
        3. サイトを公開と SSL 証明
        4. 高速化
php_icon

PHP

programming language

ワードプレスは PHP 言語で記述されていますので、PHPのソフトをインストールする必要があります.

PHP は、記述されたコードを直接実行するインタープリタ方式を使っています.

WordPressを運用するにあたり、PHP の機能拡張がたくさん必要になります.

たくさんの機能があるためか、セキュリティは低下しがちであるため、バージョンアップは必要になるかもしれません.

        1. php install
        2. php 機能拡張と WordPress
        3. SQL と連携
        4. 高速化

MariaDB

SQL server

WordPress はデータベースを使用して、データーや設定を保存しています.

MySQL は機能追加で難しくなったので、今回は、 MariaDB を使用しました.

個人のサイトであれば、高機能は必要ないので、軽く動作するデータベースを選択するのが良いでしょう.

        1. MariaDB install
        2. phpMyAdmin install

WordPress

Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム

CMS と呼ばれるコンテンツ・マネージャー・システムは、複数存在しますが、最も情報が多いのは、WordPress ( ワードプレス ) です.

WordPress の特徴は、プラグインを使用することで、さまざまな機能を加えることが可能であり、簡単なブログから情報機関のページ、さらには e – コマースの機能まで扱えるのには、驚きます.

たくさんの機能をもったテーマやプラグインの選択肢が多いために、構築方法があり、難しく感じるのは、しかたがないのかもしれません.

WrodPress を使ったサイトの動作は速くないので、高性能のサーバーで運用すると良いと思います.

        1. WordPress install
        2.  

オンプレミス サーバー

オンプレミスで格安サーバーを使ってウエブサーバーを作ってみた.(オンプレミス(on-premise)とは、サーバーやソフトウェアなどの情報システムを、ユーザ担当者が管理できる施設の構内に機器を設置して運用することをいいます。 premiseは「構内」「店内」という意味があり、自社運用とも言われます。)

ハードウエアトラブルによるデーターの破損を防ぐために、ハードディスクを2個使って ZFS ミラーとし、高速読み書きのためにSSD をハードディスクのキャッシュとして使用する.

メモリーを増設し、各アプリケーションに多めのメモリーを使わせたり、キャッシュさせるように設定する.

コストを考えると、サーバー本体やハードディスク、増設メモリ、さらに、電気料金、固定 IP の費用などを考えると、レンタルサーバーを借りて毎月使用料を支払う方が、よっぽど安い.

ただ、個人で自由に使用できるサーバーを運用すると、当然トラブルがあるので、じっくりと解決して、あらゆるスキルが高まります.

やはり、最大の懸念点は、故障や操作ミスによるデーターの欠損の可能性が高いことだろうと思います.

サーバーをウエブ公開

検討中です.

そのうちに公開予定ですが、未定です.