wordpress_freebsd

FreeBSDサーバーからワードプレス(CMS)を使ってWEBページを自由に公開する

freeBSD nginx PHP mariaDB wordpress

このサイトについて

freebsd server で wordpress 最強サイトを作るためのノウハウを考える
サーバーを構築するときのインストールやバージョンアップ時に、最もめんどくさいのは、発生するエラー等をネット検索して解決するのに時間を要することだと思います.
無駄なエラーを回避しながら、さまざまなサーバーを構築することは、素人には難しいと思います.
ただ、エラーによって理解が深まるのは確かです.
FreeBSDサーバーの構築、問題の解決の参考になるようなサイトが目標です.

Server OS

サーバー OS の最大勢力は、LINUX である.

LINUX を使ってみると、情報量は多いが、デストリビューションによって、異なることが多いので、情報検索に時間を要します.

FreeBSD は、単一で管理運営されていますので、OSの情報はバージョンによる変化に留まります.

目的の情報にたどり着くのが速いと感じたのが、FreeBSDでした.

しかし、2021年に、サーバーのバージョンを上げるときには、FreeBSD の情報は激減し ( 調べ方が悪いのかもしれませんが ) 検索でヒットする情報も、目的の情報でないことが多くなってきました.

欠点は、情報が減少してきていることかもしれません.

サードパーティーのソフトの導入には、pkg を使ってインストールします.
数年前まではports でインストールしていましたが、コンパイル等にたくさんの時間を要します.
人間は、楽な方に流れて主流になるので、 pkg でインストールを記事にすることにしました.

Web Server

WEB サーバーの王道は Apach ( アパッチ ) で間違いないと思います.

Nginx ( エンジンX ) を使う理由は、たくさんのアクセスを処理できることにあるようです.

さまざまなチューアップでさらに高速化できる可能性があります.

nginx.conf の設定ファイルは、ちょっと難しいかも.

WordPress に必要なソフトウエア

ワードプレスは PHP 言語で記述されていますので、PHPのソフトをインストールする必要があります.

WordPressを運用するにあたり、PHP の機能拡張が必要になります.

PHP は、記述されたコードを直接実行するインタープリタ方式を使っています.

たくさんの機能があるためか、セキュリティは低下しがちであるため、バージョンアップは必要になるかもしれません.

WordPress はデータベースを使用して、データーを保存しています.

ここでは、 MariaDB を使用しました.

MySQL SQLite でも動作します.

個人のサイトであれば、高機能は必要ないので、軽く動作するデータベースを選択するのが良いでしょう.

CMS

CMS と呼ばれるコンテンツ・マネージャー・システムは、複数存在しますが、最も情報が多いのは、WordPress ( ワードプレス ) です.

ワードプレスはプラグインで、さまざまな機能を加えることが可能であり、簡単なブログから情報機関のページ、さらには e – コマースの機能まで扱えるのには、驚きます.

たくさんの選択肢、構築方法があるために、難しく感じるのは、しかたがないのかもしれません.

サイトの動作は速くないので、高性能のサーバーで運用すると良いと思います.

サーバーをウエブ公開するには

検討中です.

そのうちに公開予定ですが、未定です.

Translate »