コンテンツへスキップ
WP on FreeBSD

FreeBSD Nginx PHP mariaDB WordPress

ワードプレスサイトを構築するには

オンプレミス ( サーバーやソフトウェアなどの情報システムを、使用者が管理している施設の構内に機器を設置して運用 ) でサーバーを運用して、WordPress サイトを運用するには、どのようにすれば良いのだろうか.

不要になった Windows系のPC から始めるのが、情報が多いので良いと思います. ただ、長期間の運用を考えているのであれば、Dell , fujitsu 等のメーカーが作った激安サーバーを使うのがオススメです. その理由は、長期間電源を入れっぱなしでもハードディスク以外は故障したことがないからです.

サーバー OS には UNIX 系 ( FreeBSD・Linux )・Windows 等があります.

このサイトでは、FreeBSD を中心に記載してありますが、サーバーアプリケーションやデータベースアプリケーション等の設定は Linux でも共通のことが多いので、他のサーバー OS でも使える情報だと思います.

Web Server 構築

FreeBSD OS で server を作って wordpress などのCMS を使ったサイトを作るためのノウハウを考えています.
サーバーを構築するときのインストールやバージョンアップ時に、最もめんどくさいのは、発生するエラー等をネット検索して解決するのに時間を要することだと思います.
無駄なエラーを回避しながら、さまざまなサーバーを構築することは、自分も含めて初めての方には難しいと思います.
ただ、エラーも考え方によっては、サーバーの仕組みや、どのように関連して動いているのか、理解が深まるのは確かです.
サーバーのハードウエアに OS から WordPress をインストールして公開するまでの行程は

  1. FreeBSD OS
  2. Nginx Web server
  3. PHP Hypertext Preprocessor
  4. MariaDB SQL server
  5. WordPress CMS
  6. Certbot SSL 証明
のようになると思います.
次に、各アプリケーションメモリー等の設定のチューニングしてます.
さらに、WordPress のプラグイン等でサイトの表示を高速化をしてみましょう.

FreeBSD

サーバー OS の最大勢力は、LINUX である.

LINUX を使ってみると、情報量は多いが、デストリビューションによって、異なることが多いので、情報検索に時間を要します.

FreeBSD は、単一で管理運営されていますので、OSの情報はバージョンによる変化に留まります.

目的の情報にたどり着くのが速いと感じたのが、FreeBSDでした.

しかし、2021年に、サーバーのバージョンを上げるときには、FreeBSD の情報は激減し ( 調べ方が悪いのかもしれませんが ) 検索でヒットする情報も、目的の情報でないことが多くなってきました.

欠点は、情報が減少してきていることかもしれません.

サードパーティーのソフトの導入には、pkg を使ってインストールします.
数年前まではports でインストールしていましたが、コンパイル等にたくさんの時間を要します.
人間は、楽な方に流れて主流になるので、 pkg でインストールを記事にすることにしました.

  1. FreeBSD install
  2. ZFS Mirror
  3. ssh 管理
  4. command 習得
mariadb&zfs

MariaDB (MySQL )と ZFS

ファイルシステムZFS で データベースMariaDB MySQLを最適化する設定とそのメリットを考察してみました.

Web Server Nginx

WEB サーバーの王道は Apach ( アパッチ ) で間違いないと思います.

Nginx ( エンジンX ) を使う理由は、たくさんのアクセスを処理できることにあるようです.

さまざまなチューアップでさらに高速化できる可能性があります.

nginx.conf の設定ファイルは、ちょっと難しいかも.

  1. Nginx install
  2. nginx.conf
  3. サイトを公開と SSL 証明
  4. 高速化

PHP

ワードプレスは PHP 言語で記述されていますので、PHPのソフトをインストールする必要があります.

WordPressを運用するにあたり、PHP の機能拡張が必要になります.

PHP は、記述されたコードを直接実行するインタープリタ方式を使っています.

たくさんの機能があるためか、セキュリティは低下しがちであるため、バージョンアップは必要になるかもしれません.

  1. php install
  2. php 機能拡張と WordPress
  3. SQL と連携
  4. 高速化

SQL

WordPress はデータベースを使用して、データーを保存しています.

ここでは、 MariaDB を使用しました.

MySQL SQLite でも動作します.

個人のサイトであれば、高機能は必要ないので、軽く動作するデータベースを選択するのが良いでしょう.

究極の MariaDB クラウド SkySQL にも興味はあるが、

  1. MariaDB install
  2. phpMyAdmin install
mariadb&zfs

MariaDB (MySQL )と ZFS

ファイルシステムZFS で データベースMariaDB MySQLを最適化する設定とそのメリットを考察してみました.

CMS WordPress

CMS と呼ばれるコンテンツ・マネージャー・システムは、複数存在しますが、最も情報が多いのは、WordPress ( ワードプレス ) です.

ワードプレスの特徴は、プラグインを使用することで、さまざまな機能を加えることが可能であり、簡単なブログから情報機関のページ、さらには e – コマースの機能まで扱えるのには、驚きます.

たくさんの機能をもったテーマやプラグインの選択肢が多いために、構築方法があり、難しく感じるのは、しかたがないのかもしれません.

WrodPress を使ったサイトの動作は速くないので、高性能のサーバーで運用すると良いと思います.

  1. WordPress install
  2.  

サーバーをウエブ公開

検討中です.

そのうちに公開予定ですが、未定です.

TX1310_MX3
FujitsuTX1310_MX3

オンプレミス サーバー

オンプレミスで格安サーバーを使ってウエブサーバーを作ってみた.

ハードディスクを2個使って ZFS ミラーとし、SSD をハードディスクのキャッシュとして使用する.

メモリーはを増設し、各アプリケーションに多めのメモリーを使わせたり、キャッシュさせるように設定する.

コストを考えると、サーバー本体やハードディスク、増設メモリ、さらに、電気料金、固定 IP の費用などを考えると、レンタルサーバーを借りて毎月使用料を支払う方が、よっぽど安い.

ただ、個人で自由に使用できるサーバーを運用すると、当然トラブルがあるので、じっくりと解決して、あらゆるスキルが高まります.